お仕事探し徹底解説まとめ

仕事探しの選択肢

仕事を探そう、そう思って行動をした人はとても多いと思います。

 

では、どうやって仕事を探したか、時代が変わるにつれて、その方法も多種多様なものとなっています。そして、仕事を探すようになった人も増えたと思います。探し方ですが、現在最も多い仕事探しの方法は「ハローワーク」であると統計が出ています。

 

しかし、近年は「転職エージェント」と呼ばれる方法も主流になってきています。この転職エージェントは、特定の「転職サイト」に登録し、自分の希望求人を探します。

 

気になった求人があったら、そこからは自分と企業ではなく、自分→転職エージェント←企業、のように、エージェントが仲介をします。直接企業に聞きにくいことなども、エージェントが上手に聞いてくれます。

 

給与体系、残業の有無、年間休日、離職率などは、直接聞きにくいことだったりしますよね。個人的には、転職エージェントを活用した方が就職の幅が広がるのではないかと感じます。

 

実際に転職エージェントを活用した方の話を聞くと、「細かい自分の希望にあった会社を紹介してくれて無事に就職ができた。」「ハローワークで探した求人のことを話したら、自分の希望とは異なっていることを教えてくれた。」との声を頂きました。就職はできるだけ長く勤められる環境を見つけたいですよね。

 

必ずしも成功するわけでもありません。知人が転職エージェントを活用し、エージェントを通じて「残業時間、年間休日、離職率」を調べて頂いたそうです。そして安心して面接に赴き無事に就職ができたそうです。

 

しかし、いざ就職して働き始めると聞いていた残業時間は大幅に伸び、休日も少なかったそうです。離職率も「0」と聞いていたのに、昨年度は10人近くが退社をされていたそうです。転職エージェントを活用しても、こういうことがあることも知っておいてくださいね。

 

会社の内容を完全に把握するのは不可能ですが、一番把握しやすいのは、「友人の紹介」です。こちらは実際に勤めている方の話を直接聞けるので基本的には嘘偽りはないかと思います。

 

しかし、入ってみてから何かしらの理由ができて辞めるとなったときに、紹介者のことを考えると辞めにくくなります。所謂「コネ入社」もメリット、デメリットもありますので、よくよく考えてくださいね。

 

現代社会では、転職をする方が増えています。これは、選択肢の幅が広がったことが大きな理由のように思います。自分の希望にあった会社に勤めることができるように、仕事探しはそれぞれのメリット、デメリットを把握してから活用していきましょう。