お仕事探し徹底解説まとめ

ITエンジニアの再就職

ITエンジニアとして企業に再就職をする方法にはいくつかの方法があります。一つは転職支援サイトのDODA等を利用して、再雇用してもらえる企業を探して貰う事です。

 

注意点としては、転職支援サイトの多くは転職を希望しているエンジニアの経歴で前の就労先に置いてどのような成果をあげたかを評価します。

 

ですから、実力も無くITエンジニアとして功績を持たない人物では再就職先を斡旋して貰えることはできず、再就職を希望している企業に推薦状を書いてもらえることもありません。要は実力主義といえます。

 

二つ目は派遣会社にエンジニア枠で登録して再就職を得る方法です。こちらの場合は転職支援サイトと違う点を上げるとすると、エンジニアをしていなかった人物でもエンジニアとして就職を希望することができる点です。

 

つまり、前の就労先でエンジニアとして働いてはいたが、システム開発やプログラミング、マーケティングすらしたことの無い人物でもエンジニアとして登録することはできます。

 

ですが、派遣企業では即戦力となる人物が必要となりますので、一度雇用してもらった企業から契約を更新されなかったり、契約した企業で働いている期間が身近かったりすると仕事ができない派遣社員とみなされ次からの仕事はなくなります。

 

つまり、エンジニアとして仕事ができるかどうかが決め手となります。最後の方法は、エンジニアとして企業に属さす独立して仕事を得る方法です。つまり、起業をするということになります。

 

起業とはみずから、自分のマーケティング能力やシステム開発におけるプログラミング、サーバー管理、webプログラム等の仕事を企業に売り込みその仕事を受け持ち依頼料を得る方法です。

 

企業から仕事の依頼を受けてその依頼をこなし報酬を得るわけですね。この方法は、報酬の額を企業と直接やり取りする為にある程度の報酬額を引き上げたり引き下げたりできます。

 

ですが、企業の要望を完全に聞き入れ仕事の依頼された期限までに仕事を終えその成果物を企業に提出できなければなりません。企業としては締め切りを守らない人物には次の仕事や報酬を与えたりする事が無くなるという事です。

 

つまりは、完全に自分の能力しだいで報酬が確定し、自己責任で次の仕事の依頼が来るか来ないのかと言うことになります。エンジニアの再就職にはこの3つの再就職方法が主で、どちらにも一長一短の長所と短所があり、どのような再就職方法が良いかは個人の能力と過去の実績の有る無しとなります。