お仕事探し徹底解説まとめ

40代の仕事探しは家庭環境も影響する

今まさに私も新しい仕事を探そうと考えております。私はパートをしている40代の主婦です。自分にそれほどスキルもなく、心配ですが、雇い止めになりそうなので、探す他ありません。

 

私には子どもがおり、年齢は高校に入る年なので、もっと長い時間働けそうです。しかし新しい環境になる子どものことも心配で、また年を取ってきた親のことも気になります。このように、パートを探すにしても、家庭内の事情が多く関わってきます。

 

女性が外で働くということは、家庭内の環境が整備されていなくては成り立ちません。なぜかというと、やはり家庭の中のことは、女性が行うのが主体だからです。これはどうしてもそうなりがちです。世間が家事分担や、育児について、夫婦や家庭内の人間すべてに責任があるといくら言ったところで、やらない人はやらないし、女性が負担した方がうまく行く場合も多いからです。

 

または、家事は上手い人がやることも効率は良いです。家計管理もそうです。

 

仕事探しには、パートやアルバイトを探すには、今は人手不足ということもあり、携帯電話のサイトや、ハローワークでも見つけることはできると思います。見つけて職に就いた後、続けられるか、無理な働き方をさせる職場ではないか、それも見極めが必要です。

 

しかし大概は、せっかく職に就けたなら、何とか頑張っていこうと思うでしょう。家庭のことも考えると、収入を得られればなんとか続けたいと思うのは当然だし、少々の無理もしてしまいます。国の改革で、働き方を見直す動きもありますが、働き方を良くすることができるのだろうかと思っている方は多いのではないでしょうか。

 

また40代の人は、独りで暮らしている、あるいは年を取った親と同居という独身の方も多くいます。たとえ独りでも、家庭環境というのは大きく試供すると思います。一人暮らしの方で一番不安な点は健康管理です。

 

一人でいると健康管理は難しいものです。長年の不摂生が蓄積されて健康を害しても、カバーできるのは自分自身ですし、親と同居でも、ケアが必要な親がいると、働くこともままならなくなっていき、長い時間働いて収入を増やすことは難しくなってきます。

 

働き方、仕事探しを考える時、なぜかこの家庭環境はないがしろにされがちです。最初から一人っきりという人は誰もいません。また家庭を守ってくらしている専業主婦は今はほとんどいません。

 

つまり無給で家庭経営をできる人は減少しているのだから、その部分のケアは誰ができるのか、何によって守られるのか、その根っこの部分を無視して仕事探しは出来ないだろうと考えています。もっと家庭環境を視野に入れた仕事の仕方が出来るようになってほしいと思います。